ハーテックのコミュニケーション支援ツール総合サイト「スマートステーション」へ

Hartech Inc.


株式会社ハーテック「スマートステーション《SmartStation》公式サイトへ

Captain's Blog

← 2010's Back Number
今週のちょっとした出来事。

12月12日のニュース

2009.12.12 読み聞かせ

撮影場所:ムスコの本棚

このたび大泉保育福祉保育専門学校様から学校広報のお仕事のご用命を賜りました。なにはともあれ、お客様理解が大事ですので、連日師走の群馬路をスタッフともども通わせていただいております。

「保育」と「福祉」を取り巻く環境は、量と質両面において需要と供給のバランスが極端に崩れている異常な状況です。この国の文化、そして政治と行政のあり方が問われる端的な事例でもあります。こちらの学校に集う学生さん、総じて目的意識のしっかりとした子たちです。一度社会に出てから、再び学びの道に戻った方もいらっしゃいます。過日は読み聞かせや手話の実習を取材/撮影させていただきましたが、その一生懸命な姿には心打たれるものがありました。読み聞かせの授業では、各人の演示を通じて「どうしたら相手に伝わるか」の練習をしていました。時折先生が見本を示されておられましたが、やはりその表現力は生徒のそれと格段に違います。『表現する』技術ではなく、ご自身が『その登場人格の気持ちになる』ことの結果なのだと思います。その後の先生の取材ではこれを『他人に自分を置き換える力』とおっしゃっておられました。まさに保育/福祉の原点なのだと勉強させていただいた次第です。

帰りのクルマで、ふと「そういえば自分にもこんな経験があったなあ…」と思い出した事があります。まだ息子が小学校2年生のときでした。「なかむらみつる」氏作『やさしいあくま』を書店の片隅で息子に読んであげた時のことです。途中、自分も感極まってしまい、ふと横を見ると息子も泣いている。お互い不条理な世の中に納得が行かない悲しみと怒りを共有していました。この本を見るたび、あのときの息子の涙を思い出します。



12月04日のニュース

2009.12.04 あっぱれ、内藤大助さん

撮影場所:ひとりの事務所にて

ストレスやプレッシャーがかかると良い仕事をする人がいます。それをよく知っている人は、あえて困難を選び、贅沢を嫌う。昭和一桁世代の先達にはそんな方が多いように感じます。

内藤選手のタイトルマッチは視聴率は驚異的でした。この盛り上がり、距離を置いてみると、生き方が下手でちょっとセンスがなさそうな人間と、生まれながら素質や天性のある人間との対比、ウサギとかめみたいにも感じます(勝手な解釈でごめんなさい)。

侮辱的な口撃、35歳という肉体的ハンデ、前半でのアンラッキーパンチという、格好のS的舞台を得て、『逃げない、諦めない、闘い抜く』…血みどろになっても立ち続け、気持ちでは絶対に負けない。この結果、負けた悔しさを通り越して、多くの人々に明日を生きる勇気を授けることに…。KOされていたら…と考えるとまた別の評価になるのだろうと思いますが、事実は「最後までファイターを貫いた」。

どちらかのファンの立場に身を置くと、悔しい、ざまあみろの感情論になりますが、一人の人間として、これほどまでに多くの人間の心にパワーを与えた人は、昨今記憶にありません。個人的には伊達直人(タイガーマスク)か猪木が思い当たりますが(笑)、少なくとも政治家のなかに思いつく方はいません。彼にも陰の部分もあることでしょう。勝手な思い込みによって神格化された人格かもしれませんが、共感形成力、エンカレッジ力、人を変え世を動かす力…私には内藤さん、龍馬並に凄い方だと思います。※リベンジしたら、日本人労働者が湯気だって景気が上向くかも。。。。



11月22日のニュース

2009.11.22 携帯メール的コミュニケーション

撮影場所:東京プリンスホテル

秋が深まるにつれ、世の中の景気もより深みにはまっているかのようです。デフレスパイラルはビジネス前線にいる人間からすればもはや常識。我が家も緊縮財政に転換し防衛体制整備に余念がありません。

高校生の息子にもそれとなく協力を要請しました。改まって会話をすると、彼の話し方が実にそっけない。その言葉には典型的なフレーズが目立ちます。「別に〜」「ふつう〜」「 微妙〜」「知らん〜」…。親離れの最中ですから、細かい質問に応えたくないのでしょう。会話を遮断するには格好の返答です。そういえば、メールの文面も非常に短い。一方で友人との携帯間コミュニケーションは、時間にして1日に延べ4〜5時間を費やすとのこと。友達の多くは、携帯を2台を使い分けており、1台は友人間の連絡用としてウィルコムを使うのがフツーだそうです。

経済界・産業界が守りを固めるなか、多くの教育機関は少子高齢化時代への生き残りを賭けたサバイバル戦に突入しています。入試広報にも携わる小社にとって、高校生マーケティングは大事なビジネス要件です。我が息子が全体を代表するサンプルであるとは言い切れませんが、10代後半のコミュニケーションは自分達の世代が経験したものとは全く違うものになっているということは、紛れも無い事実です。しかるに彼らの内面性はどうなのか? 幸いそこは変わっていないのかもしれません。父の苦戦を知ってか、息子は生まれて初めてのバイトの面接を受けてきたとのこと。意外に心は繊細なのかも知れません。



11月14日のニュース

2009.11.14 歌詞はフレーズ単位で勝負する?

撮影場所:youtube

忘年会カラオケ対策に休業中の絢香のベスト盤を借りてきました。このなかに、コブクロとのコラボ曲の「あなたに」というステキな歌がありました。パンチの効いたコラボ初作に比べこちらはあまりヒットしなかったようですが、深夜作業のBGMにはちょうどよろしく、しばらく聞き惚れていました。。。が、一緒に唄いだすとどうにも歌詞が気になります。不思議な滑舌もあいまって良く聞き取れないこともあり、意味不明の歌詞。フレーズ単位ではとても印象に残ります。その1フレーズで情景がめまぐるしく変わっていきます。それで十分といえば十分ですが、センテンス単位で読み返すと意味がよくわからない。お暇なときにまず曲を聴いて、それから言葉を追いかけてみてください。曲はもち、すばらしいです…。

さっきまで泣いてた君が今隣で笑ってる♪ 少し先に待ってたこの未来に辿り着けてよかった♪ 君を傷付けたくないこの言葉に逃げていた♪ 本当は誰より自分が一番傷付くのが怖くて♪ 今夜孤独と自由を羽にしてあなたに逢いに行く♪ 壊れそうな心の隣にはあなたとかけた願い♪♪ 出逢ったあの日の夢を見た手も繋げないまま二人♪ 笑い声がただ時を繋いだ未来なんてまだ見えなかった♪ 目が覚めて君想えば手のひらに零れ落ちた♪ あの日のぬくもりそっと握り返して溢れた涙に目を閉じた♪ どんな些細な痛みも分け合ってあなたと歩けたら♪ 途切れそうな心を抱きしめてあなたの側に居たい♪ どんな孤独も自由も羽にしてあなたに逢いに行く♪ 壊れそうな心の隣にはあなたと描く未来♪ どんな些細な痛みも分け合ってあなたと歩けたら♪ 途切れそうな心を抱きしめてあなたの側に居たい♪ 明日も側に居たい♪♪♪



11月1日のニュース

2009.11.01 痛み分けの精神

撮影場所:群馬県大泉町の秋の空

見積書の内訳には従来から「特別対応」という項目があります。いわゆる値引き対応のことですが、最近この項目を盛り込まざるを得ない状況が多くなりました。

景気が良いときはほとんど使われない項目でしたが、今年の傾向では『特別」という言葉の意味を失うほど多用され、もはや『普通』と捉えるべき状況に相成りました。
経営者の言葉には、よく「環境変化に柔軟かつ迅速に適応していくことが…」というフレーズが使われますが、弊社も例に漏れず、いち早くこれまでの常識を捨て、「現状の枠組みこそ常識である」として認識を改める必要があります。経営的には、少ない売り上げでもしっかり運営していける体質=エコドライブへと切り替える必要があります。

お客様も苦しい。元請けさんも苦しい。下請けはもっと苦しい。みなが痛みを共有するのならば、互いに我慢し合い、ともに外敵に立ち向かおうという連帯感が生まれます。しかし そういう苦しみの連鎖のなかで、お客様からの減額要望を元請けが吸収しようとせず、まるまる下請けに押し付ける事案があることも事実です。目先の利益を少しでも自社側に確保したいという気持ちもわからないではありませんが、下請けにも一分のプライドはあります。一人勝ちはやがて破綻や離縁という結果につながるはず。男気、勇気のある英断を期待したいところです。

人間も追い込まれたときに、素の性格が露見しますが、それは企業も同じです。そしてまた、それは経営者の徳性を表すものだと思います。苦しいときは供に苦しむ。少なくとも弊社は、良き仲間と痛み分けの精神で、つらさを共有していきたいと思います。



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

2009.10.19 ファッショナブル+エコ=パドボ?

撮影場所:逗子海岸の夕暮れ

「スタンディングパドルボード」ってご存知ですか。通称「パドポ」というマリンスポーツの一種です。「メタボ」ではありません。
昨年辺りから流行りだしているそうで(?)、小社勤務の家族が最近これにはまりだしたらしいとのこと。好奇心旺盛な我輩は、さっそくメッカと呼ばれる湘南海岸に出かけてみました。

10月とは言え、週末の海岸道路はいつもながらの渋滞です。片瀬橋で一旦江ノ島側に逸れて、これまたいつもながら「生シラス」をいただきました。「生シラス」は、今朝陸揚げしたはずながら、ほとんどショウガの味しかしないので新鮮なのか元々死んでいるのかよくわかりません。ならば夕飯は三崎の本マグロを買って帰ろうかと、一路北上。鎌倉高校前で江の電が並走してくれて、なかなかいい感じです。右に目を向けると、確かにいたいた!沖合にレレレのおじさんのようにパドルをこぐ男子と女子が。「これがパドポか…」 妙にほのぼのとしています。

稲村ヶ崎を過ぎてもダラダラ状態なので、なりゆきにまかせ逗子に。「泣きたくて〜笑いたくて〜ほんとの自分、我慢して伝わらなくて〜」とキマグレンの歌詞に感心しつつ。いつの間にか彼らの海の家(音霊OTODAMA)があった辺りでクルマを止めました。逗子海岸は、浜そのものは狭いのですが、駐車場から浜までの距離が短いので便利です。加えて、湘南にくらべるとすこしばかり落ち着きます。そういえば「パドポ」を楽しむ人もぱらぱら。

肝心の「パドボ」の印象はと言えば、どこか今風、加えてエコ的。あくまで見た目ですが、ウィンドサーフィンほど面倒くさくもなく、サーフィンほど汗臭くももなく、比較的安定性の高いロングボードに立って、のんびりパドルを漕ぐ姿は、こっけいなほどに平和な風景です。敷居が低くてお気軽、だけれどもファッショナブル。ユニクロの銀座店みたいです。



10月1日のニュース

2009.10.01 審判の日

撮影場所:シルバーウィークの自宅にて

「大型連休の前に仕事の依頼が増える」― これは我々の業界では宿命です。ご発注者の多くが、休みの前に気がかりな業務を外に振ってくださるからです。そしてその場合大抵「連休明けにアップしておいてください」という落ちが付いてきます。そんなわけで、連休中はありがたい修行の日々を送ることに。しかし中日を過ぎる頃、高速の渋滞を少しばかり羨ましく感じ出すと、さすがに煩悩に逆らえず、いざTSUTAYAへ。借りてきたのは「ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ」。

シーズン1は春に観ていたので、今回はシーズン2の最初からです。強く、戦闘的なサラとキャメロンが華を添えていますが、この話、全体的に悲壮感が漂います。ヒーローものの多くは「最後には正義が勝利する」はずなのに、これに続くT3、T4を通じて『審判の日』は避けられないというのがこのシリーズの鉄則。つまり『終焉ありき』を前提に、それを知る人々の切迫した状況や真剣な生き様と、それを知らず平和と繁栄を謳歌する人間とのコントラストを描くという図式ですな。

享楽的に生きて人生に飽き、しかし理性的に生きては挫折をし、最後は信仰こそが彼を救うとしたキルケゴール。「死に至る病」でしたか…。人生の着地点が見えてくると「終わりありきで生がある」ということは否が応にも納得させられ、生に余力がある世代に苦言を呈するようになります。「もっと自分の人生を大事にしなさい」みたいな…。確かにそうなんだけれども、終焉など意識をせずに突っ走る方が格好良かったりして…。美学というもんでしょうか。人生は奥が深いです。



9月1日のニュース

2009.08.29 決戦前夜

撮影場所:池袋西武前ロータリー

明日はいざ投票という決戦前夜、我が家は平和にも裁縫道具の買い物に池袋に出かけたのでした。
予想はしていたものの大変な交通渋滞、空にはヘリ、道路には装甲車と警官、気勢と警官の笛、尋常な雰囲気ではありません。 特に西口公園の鳩山代表に対し、東口の麻生陣営はイケセイ前の狭いロータリーに陣取ったため、中央分離帯を占拠する形になり、道向こうに往来しようにも身動きがとれません。 結局興奮のるつぼに吸い込まれてしまい、しばし圧倒的な麻生、小池コールの中に身を沈めておりました。

恥ずかしながら我が家という小国家では、統治能力ままならず、公共の場の秩序はどこへやら、地方自治を為すべき子供達の領域は「享楽と堕落」の一途を辿っております。 ・・・玄関に逆向きに脱ぎ捨てた靴、整髪剤が無造作に放置された洗面台、浴室も然り。世の中が乱れるのは、こんな家庭内の無秩序が原因なのだろうと思うことしばし。 次に使う人、訪れる人への配慮もなく、利己的な行為になんら疑念を持たぬ我が子と、それを律することができない自分。今の政治そっくりの構図です。

政治が混迷し国力が衰退していく理由は、もしや私と同類の「君主威厳なき情けない家庭」という単元に端を発してはいまいか。行政改革を行うべきはまずは自分の城であり、家族に内在する怠惰や保身を浄化し、献身できる国士を育てることこそ、為政者であるオヤジの使命ではないかと。公に当たっては「忠」を、家族や先達にあたっては「孝」を重んじるべし。思えば、親である自分にも責任があります。忙しさを理由に育てる行為、敬う行為を怠ってきました。育てることより、労ることより、稼ぐことの方が重要な価値観ではあるまいか。。。献身よりも保身。それは自分自身じゃないか、と。

歴史的転換は、政治なんかより、むしろ私利私欲に蝕まれた我が精神構造にこそ必要? 揺れる日章旗が、そう問いかけてくるようでした。



8月17日のニュース

2009.08.17 特特上の鰻の効力

撮影場所:「うな源」さん

16日、ご先祖さんを無事送った後、両親たちと実家近くのうなぎやさんで食事をしました。
地元では有名な「うな源」さん。土用の丑の日はとっくに過ぎていますが、この日も大繁盛です。

昭和一桁世代の両親は、清貧がからだに染み付いたような人なので、メニューに「松・竹・梅」とあれば選ぶのはいつも「梅」。ちょっとでも値段が高いものを頼もうとすると「もったいない」を連呼します。

とはいえ、値段にして数千円の差。日頃の親不孝を思えば、安すぎる御礼です。結局オヤジには特特上の鰻、母親にも松のチラシ寿司を注文しました。

さて待つ事20分、大皿に脂が乗った見事な特大鰻が盛られてまりました。口に頬張ると、期待を裏切らず超ジューシー。思わず父も「うめぇなあ!」と。 母のチラシも素材が違うようで、こちらも大満足。これならホストの顔も立ちます。

多少値段が高くても「納得のいくものを」― 是こそ商売の基本なり―と実感。満足のいくもの、欲しくてほしくてたまらないものを、創りたいものです。



8月4日のニュース

2009.08.04 真夏に出会った、真冬の為のスプリンクラー

撮影場所:JR越後中里駅の階段

息子のテニス合宿に差し入れしようとふと思い立ち、高速代1000円×2で、中里スキー場近くまで出かけてきました。

この日、東京はピーカンでしたが、関越トンネルの前からにわかに暗雲がたれ込め、トンネルを抜けると、そこは一面の雷雨の世界。逃げ込むようにJAに立ち寄り、地元産のスイカを調達し、様子を見て目的地のペンションへ。引率の先生にお会いし、しばしペンションのオーナーの美味しいコーヒーを頂く間に雷も止み、せっかく新潟くんだりまで来たのだから、夏のスキー場にも挨拶していこうと、越後中里の駅へ。

そこで見つけたのがコレ→。

階段に2つ。まるで乳首のように自己主張をするこのポッチ。よく見ると穴があいていて・・・そうか凍結防止のスプリンクラーかと。階段も確かに勾配がついています。自分の役割を夏の雷雨に奪われて、空威張りする姿が滑稽で、その勇姿を写してまいりました。

ちなみに上の写真は、無人の駅を我が物顔で占拠してたアオガエル。体長まだ1センチですが、こちらも威厳のある態度でした。
(無人駅に到着する列車は1時間に1本、乗車している人は1人だけでした。湘南とは別世界の夏ですね)



このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

2009.07.27 隅田川大花火大会

撮影場所:言門橋の北、リバーサイドスポーツセンター付近(第一会場のすぐそば)

恒例の隅田川花火大会、近頃はエアコンの効いた自宅でも生放送を楽しめるって申しやすが、やっぱ、花火ってなもんは、ナマを、浴衣の美女と一緒にご覧になるのが乙っていうもんですぜぃ、兄貴! つーことで、女性陣3人(注)を引き連れて、行って参りました。注)あいにく、オヤジの役目はただのボディガードでござんす。

夕方から穏やかな夜風となり、地元のおじいさんもおばあちゃんも、道ばたでうちわ片手にひと時の風情を愉しんでおりやす。 残念なことに浅草も毎年高層化が進み、マンションが乱立してます。でもって、なかなか絶景に巡り会えない。露天の焼きそばやイカの姿焼きのにおいに連れられて、人集りの中へ・・。

すると兀然、鳴り響く爆雷音と天空に広がる巨大な光の輪。その音と大きさにビックリ!やっぱ、生はすごい!!   熱気溢れる場所という部分では、夏の海も嫌いじゃあ〜りませんが、花火はみんなの視点が一点に注がれる、浮気やチラ見するを許さない迫力があります。

フィナーレには妙な一体感が生まれて、喚声と同時に拍手が沸き上がりました。名残惜しい余韻を残しつつ、ざわめきが引いていく。ぱっと光って、瞬く間に消えていく。。。夏は切なく、刹那的ですな。Se・Tsu・Na・Na・Na・Tsu


7月7日のトピックス

2009.07.07 湘南の夕焼け

撮影場所:茅ヶ崎

本格的に梅雨入りして、おもいっきり澄み切った青空を見ることができない季節ですね。
しかし、この頃の地球は怒っているらしく、雨がザァ〜っと降ったかと思ったらいきなり晴れ間が見えたり、また降ったり・・・・・。
特に私の住んでいる茅ヶ崎は海に面しているので、こんな不安定な天候が多いのです。
梅雨時のちょっとした晴れ間の夕暮れ空は綺麗ですね。
洗濯物が乾かなくてしょんぼりしていた気持ちを一気に吹き飛ばしてくれました!!
空も人間と一緒できっと「喜怒哀楽」があるのだなぁ〜と感じた瞬間でした。(reported by MIHO)



6月22日のトピックス

2009.06.22 違和感のある?バリアフリー

撮影場所:飛鳥山公園

JR王子駅を降りて、飛鳥山公園側に足を踏み出してみると、一瞬ギョッとした情景に巡り会います。これ、急坂を登らずして高台の公園まで運んでくれるハイテクモノレール。開業はおそらく7月。

飛鳥山周りは、比較的人の手を加えていない=自然味溢れる、情緒ある雰囲気が特徴です。特に王子駅と飛鳥山公園に挟まれた遊歩道沿いにはまるで半世紀前にタイムスリップしたかのような酒場が軒を連ねています。そこに突如出現した最新鋭ゴンドラ。TDLやJR東海もびっくりのシルエット。目を惹く事間違いなしですが、なぜか違和感があります。導入の趣旨はバリアフリーの実現であり、人に優しい技術であることに異論はないのですが、どうもこのエリアの風土や文化にとけ込んでいない。浮いた存在なのです。周りもびっくり、でも当の本人はもっと落ち着かない、そんな新参者の登場です。(原因はデザインですな、特にカラーリング・・・)



6月20日のトピックス

2009.06.20 全開走行。是、即、省エネドライビング!

撮影場所:中央高速国立インター付近

快晴に恵まれた金曜日、八王子〜橋本にクルマで営業です。あじさいの紫はどこへ行ったやら、一面に「緑」と「青」の美しいコントラストが広がります。

帰り道は渋滞もなく、サンルーフと窓を全開にしてみました。紫外線と風が一気にカラダを包み込みますが、実に快適。後続車さえいなければ60キロあたりが一番心地よい。20代は、こうして窓全開で走るのが常でした。図太い排気脈動。苦しそうな吸気音。クルマとの一体感。生きている実感がありました。あれから20年。ビジネススーツに身を包み、高速ツアラーの高性能エアコンディショナーに身を委ねる自分。不要なものを身に付けただけかも知れません。



6月4日のニュース

2009.06.04 都電荒川線に新型車両登場!

撮影場所:都電王子駅前駅

レトロモダンな新型車両です。内装は、ウッドを多用し、シートは深いグリーン、暖色系の照明でかなりおシャレです!

この新型車両、ワインレッド色の同形が先行投入されています。これ以外にもヨーロッパタイプの新型車両(これはピンクのボディカラー)も投入され、新旧さまざまな車両が楽しめます。昭和の匂いプンプンの都電荒川線で、1日のんびりと過ごしてみませんか!