ムービー制作

用途によって作り方が違います!

昨今のデジカメや携帯端末では、ごく当たり前に動画撮影機能が付くようになりました。またyoutubeやUstream、ニコニコ動画等撮影した動画を簡便に公開できるサイトの登場により、もはやムービーは特殊な存在ではなくなりました。
「だれでもできる」と言えばそれまでですが、写真撮影の事情と同様、プロが請け負う仕事は一般ユーザーのレベルとは別物でもあります。

ハーテックの動画撮影・制作業務は大きく二つに分類されます。

  1. ホームページやパンフレット制作における人物取材の際に、インタビューカットとして実施するもの
  2. 動画単体で完結するものとして、ドラマ性や起承転結の流れを作り(脚本を制作し)、映画のように撮影するもの

前者は、尺(長さ)にして2分程度です。撮影後、簡単なテロップ処理と編集を施し、その多くはMpegやFLVという圧縮データ形式に加工され納品されます。メディアとしてはホームページに貼り込んだり、プレゼンテーションデータへと活用する場合が多いようです。制作スタッフは最小スキームで構成。ビデオカメラマン兼ディレクター一人で、収録〜編集まで担当するケースもあります。

シナリオをどう作るか、シナリオの世界観をどう収録により表現するか

動画を作る手順

後者は、従来のパッケージビデオ制作と同じものです。最終納品形態がVHSではなくDVDに変わり、シーン別に頭出しができるようメニュー画面をお付けするなどの違いはあるものの、作り方はおよそ同じです。つまり、伝達内容や実態把握のための取材を充分に行ったのち、シナリオを作成するやり方です。シナリオをノンフィクションとするかフィクションとするかで、その後の工程も変わってきますので、まずは『主張したい概念』をどのような世界観で表現するか、このアイディアが大事になります。

フィクションの場合は、役者選定のためのオーディションを行ったり、想定される撮影現場の事前確認(ロケハン)などが必要になります。架空の世界観の場合、後日編集段階で組み込むCG等も手配することになります。ノンフィクションの場合、被写体となる方の選定やスケジュール調整に相応の時間を要していただくことになります。

撮影スタッフは、全体進行を担うディレクターさん、ビデオカメラマンさん、音声さん、照明さん、これに脚本ライターが加わり、5名〜6名構成となります。インタビュー記事を別途に起こす場合、コピーライターさんが取材を行ったのちに、コメントの収録を行う方が自然な表情を収録できます。

  • 山下隆二さん
    【ムービーディレクター】
    山下隆二さん

撮影には数日を要するのが一般的ですが、収録が済むと後は制作側の作業がほとんどとなります。断片的に収録された生ビデオは、編集チームに引き継がれ、まずはディレクターの手により、簡易的に繫ぎ合わせ作業が行われます。初回のプレビューでは、全体の構成案と尺の確認を行います。何度かの修正プレビューを経て、簡易編集版にオーケーをいただくと、スタジオで本編集(MA)を行います。事前にナレータの選定を音源サンプルによって行います。本編集では、テロップ(説明文)やフリップ(ボード状のチャート等)の他に、効果音(SE)やナレーションの吹き込みを行います。

こうしてデジタルマスターが出来上がると、次にオーサリングという工程を行います。オーサリングは、インデックス画面を作成しDVDに収録するその他コンテンツへのリンクボタンなどを設定します。そして最後は、DVD原盤をマスタリングプレスし、量産します。量産段階ではタイトルシートをケースにセットし、シュリンプ包装して納品となります。


Copyright(c) 2011 Hartech inc. All Rights Reserved.