広告掲載

検索エンジン抜きに語れないWEB広告展開

リスティング広告

WEBマーケティングの世界では、検索エンジンとどうお付き合いいするかが常に課題となります。

  1. 自然検索結果画面においていかに上位ランクに表示させる【SEO】
  2. キーワード検索結果画面やコンテンツ閲覧中画面において、画面に連動する形でスポンサー掲載領域に広告を掲示する【リスティング】
  3. 自然検索結果画面において検索関連ワードとして表示されるネガティブサイトを排除する、あるいは上位にランクされてしまうネガティブサイトを下位に追いやる【逆SEO】

ここでは積極的に広告を掲出をする方法を整理しておきます。

ヤフーのリスティング広告

ヤフーでは2種類の広告掲載方法があります。

スポンサードサーチ

スポンサードサーチ

検索連動型広告。Yahoo! JAPANをはじめ主要提携サイトの検索結果などに、検索したキーワードと関連性の高い広告を掲載するサービス、それがスポンサードサーチです。インターネット上で商品やサービスを探しているお客様に最適な広告を表示する仕組みです。これからの見込み客にダイレクトにアピールすることができます。

インタレストマッチ

スポンサードサーチ

興味関心連動型広告。検索しているお客様をターゲットにしたスポンサードサーチに対し、特定のテーマに興味を持っているお客様をターゲットにしアピールする広告サービス。インターネットを利用中のお客様が閲覧中のページ内容や興味関心(過去の閲覧履歴や検索キーワード)などから、広告主様の商品やサービスに興味がありそうな人に広告を表示する仕組みです。これからの見込み客の潜在ニーズにアプローチすることができます。

詳しいご案内は直接ヤフーの動画説明へ

ヤフーリスティング広告のご案内がわかりやすく動画で説明されていますのでご案内します。左から【スポンサードサーチの概要】|【その費用と掲載場所】|【インタレストマッチの概要】です。

スポンサードサーチの説明の動画へ スポンサードサーチの料金と掲載される場所の動画へ インタレストマッチの説明動画へ


グーグルのリスティング広告

グーグルのリスティング広告には検索連動型広告のアドワーズがあります。

アドワーズ

スポンサードサーチ

検索連動型広告。アドワーズは、グーグルの画面右横、及び上部に1ページあたり最大11枠表示されるテキスト広告です。ヤヤフーのスポンサードサーチと同様、キーワードで検索された際に広告が表示されます。 グーグルでは、キーワードのクリック数や費用の見積もりを簡易的に確認することができる【見積もりツール】や、キーワードの類義語や関連語句を生成することができる【キーワードツール】さらにアクセス解析ツール【Google Analytics】等を利用することができます。

詳しいご案内は直接グーグルの動画説明へ (右はPDFマニュアル)

アドワーズのマニュアル



Copyright(c) 2011 Hartech inc. All Rights Reserved.