自分で編集・更新システム

ブログツールを上手に活用する方法

一般に、ホームページコンテンツを作成したり編集するには、HTMLエディターとFTPクライアントが必要ですが、これを使わずに更新する方法があります。

ワードプレスやムーバルタイプで作成する

WordPress ワードプレス

WordPress (ワードプレス) は、オープンソース※のブログ/CMS プラットフォームです。CMSとは『コンテンツ・マネジメント・システム』の略称で、その名の通り、管理画面からコンテンツを簡便に編集できるシステムのことを言います。実はこのサイトもワードプレスで生成しています!!
※無料でダウンロードして使うことができるソース

Movable Type ムーバルタイプ

Movable Type ムーバルタイプはプライベートユースに限り、無料で使用することができます。どちらも豊富なデザインテンプレートが仕様でき、プラグインという追加プログラムをインストールすることで携帯端末からの閲覧にも対応するなど、大変優れたCMSツールになっています。

全くの素人さんでが1から設定するのは至難の業です。

優れたインターフェースを持つ2つのCMSツールですが、サーバーに設定し、マニュアルを参照して使い方を習得するには相応の努力が必要です。ですので、初期設定を制作会社に依頼し、その際、なるべく編集がし易いよう工夫をしてもらい、その後使い方を教えてもらいつつ、ソフトランディングするというのがベターかと思います。運用の作業効率を考えると、管理を任せてしまう方がよい場合もあろうかと思います。

受注案件でも制作効率を高めるという理由からワードプレスの導入をお勧めします!!

ワードプレス テンプレート

ワードプレスは、商用利用する場合でも無料ダウンロードが可能です。このためハーテックの受注案件では、ワードプレスによるコンテンツ管理を前提としたご提案も差し上げています。デザイン自由度という部分では、ゼロから立ち上げることがベストですのが、コストパフォーマンスと制作効率(短納期での納品)が命題となっているプロジェクトでは、制作ツールとしてワードプレスを用いる方がスムーズに進行できるからです。

制作ツールとして積極的にワードプレスを導入する理由

右のサイトは、コビーズ株式会社様から受託案件(共同制作)ですが、ゴビーズ様の制作方針により、制作上のメリットからワードプレスを導入した良き事例です。デザイン面でも大変美しい仕上がりです。

WordPress ワードプレスによる制作事例
  1. 上のようなデザインテンプレートからお好きなデザインをお選びいただける
  2. これによりデザインを確定するまでの工数を大幅に短縮できる
  3. デザインテンプレートをカスタマイズする方式でも高いクオリティを維持できる
  4. 総じて制作コストを削減できる
  5. 検索エンジン対策がなされたプログラムであるためSEO上も有利
  6. もともとがブログシステムであるため、これを新着情報の更新機能※として使える
  7. 運用後、お客様がご自身で更新なされる場合、管理画面を共有あるいは引き継ぎできる



Copyright(c) 2011 Hartech inc. All Rights Reserved.